ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝Harvest and Gratitude〟

Prosper!!と畑の話

/ / /

Prosper!!と畑の話
綿の収穫時期になりました。今年は雨が少なかったので、綿の実がちゃんと爆ぜてくれました。畑で綿の実を収穫するのは楽しい作業です。去年は台風が多くて綿の実がいつまでたっても爆ぜなかったのでした。綿の枝を切って、家で乾燥させて爆ぜさせました。それはそれで難しかったのでした。畑の綿花から綿を収穫し収穫用の竹籠に入れて持ち帰り、2~3日乾燥させてから綿繰りをします。

さて、2~3日干した綿は綿繰り機にかけます。立ち膝の恰好で綿繰りする道具ですから、長い間続けての作業はできません。布良の和会では綿繰りの機械を持っているので、送れば綿繰りをしてもらえます。今はまだ手作業にこだわりたくて、時間が空いた時に少しずつやっています。

昨年は綿打ちが難しくて挫折しました。弓の弦ではじく作業で手が痛くて痛くて何日もできずに中断したのでした。今年も綿打ちをどうしようかと考えています。YouTubeで、綿打ちの作業を探してみましたが、情報量はとても少なかったのでした。その一方でインドや、アメリカの綿は産業としても、学問として発展しているようで情報が溢れていました。欲しいものは見つからなかったけれど、大変な検索作業になりました。

「風と共に去りぬ」が綿花のプランテーションが舞台だったこともあり、アメリカではハンディクラフトの一つとして広く楽しまれているようです。一つの綿花をカーダーというブラシのようなもので髪をとかす要領で、繊維を整えて、そのまま実から紡ぐ方法もあるようです。それは日本古来の綿の加工方法にはないものだったようです。

自分で出来なければ仕方ありません。カーダーを買うか、綿打ちを機械でやってもらうか。日本古来の形にもう少しこだわってみたいので、できる形で綿打ちをするしかありません。

畑に植える作物としては、今はスナップエンドウ、さやえんどうの時期。綿の木を支柱代わりに使うことを思いつきました。不耕起栽培なので、綿の木の根元に穴を掘って苗を植えました。玄米を精米してもらうときに出るぬかをたくさんもらったので、肥料として使わせてもらいました。

そうこうしているうちに思いはもう春に飛んでいます。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > Prosper!!と畑の話 > Harvest and Gratitude
Clashed? That’s OK. Self-helpの話。フィリピン時代のドイツ人のボス、マンフレッドがエラスムスの言葉をよく引用していました。 目の見えない人の国では、片目の人は王様だ。 In the land of the blind, the one-eyed man...
糖尿病回復に導く「紅豆杉」 Wellness Wednesday HbA1c(ヘモグロビンA1c) 8.1が5.9に 岡野先生が糖尿病と診断されたのは、今から15年ほど前のこと。医科で抜歯をした後の傷がなかなか治らず、そこから菌が入って敗血症を発症。入院治...
相応しい波動が与えてくれる タレントエージェントで、シェップ・ゴードンと言う人がいます。この人のThey call me Supermenschという本を朗読本で聞きました(わたしが買ったAudibleのリンクが動きませんので、楽天ブックスのリンクです)。 外部リンク:楽天...
Facing your deep-seated doubt マリッジ・ファミリー・カウンセラーの工藤亜佐子先生にお願いして、カップル・カウンセリングをしてきました。 そもそも亜佐子先生は、HSKキネシオロジーの本間先生の紹介でご縁ができたカウンセラーです。あれは2012年2月か3月ぐらいにロサンジェルスに本間...
Emotional Capital 畑の話、サステナビリティ。ソラマメを植えたときも根切り虫に茎を食べられてしまって枯れてしまうということが起きました。 3週間前、綿の木にも根切り虫にやられてしまった茎を見つけました。 今のところ被害は一本だけでしたが、支柱を立てて麻...
正しくは、『なめんなよ!』 現在、わたしが通訳で通う会社にうつ病の40代後半の男子がいます。 噂では昔から頭がいいことを鼻にかけた男だったそうです。ある人が自分の仕事の失敗をその人に押し付けたのが原因でうつ病に病気になったと聞いています。ちなみに押し付けた側だと噂され...
矛盾と向き合う方法 HSKキネシオロジー。心の中のストレスの種。 ダイビングインストラクターの時代、セブの空港送迎のリクエストがありましたが「わたしは必ず見つけてもらえないのです」という人がいました。当日確かにその人は見つかりませんでした。到着客とピックアップの人達が集...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up