ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝自分の望むことの逆も楽しむ〟

感謝の週末

/ / / /

Gratitude Weekend

…自分が何か欲しいものがあって、引き寄せようとしているのにそれを反対のことを引き寄せてしまう…

…ダイエットしようとしているのに、却って太ってしまう…

…素敵なパートナーが欲しいのに、出会いがない。できない…

…いい仕事をしたいのに、環境が悪い。いい環境はあるのに入って行かれない…

…そして、違う方法を試そうと、ダイエットの方法を変える、会社を変わる、彼氏や彼女と合わせてくれそうな何かを探す…

学びがないと、方法を変えても同じことをまた繰り返すと言います。

引き寄せの法則のアブラハムやバシャールのYoutubeを見ていました。アブラハム・ヒックスのエピソードでは「自分の望むことの逆も楽しむ」と話していました。バシャールでは思い込みは自分の経験を通して「ああ、やっぱりそうだった」と堅固になって行くと説明していました。だから、自分の状況は何でも感謝して人生にいろいろなことが起きることを許すのだ、その時のこのマントラを使ってもよい、と話していました。

    Circumstances don’t matter. Only the state of being matters.

    状況は関係ない。自分の在り方だけが関係があるのだ。

バシャール

だから自分が現実化したいことと逆のことが起きても、とりあえず「お陰様で何かが起きました。この経験をありがとう」というところが魂の成長の一歩。

しかし、Easier said than done.

言うは易く行うは難し。とにかく、口では感謝を述べてみようと思います。

…自分の魂を成長させてくれるために、自分の食欲や感情のコントロールの大切さを教えてくれてありがとう…

…自分の魂を成長させてくれるパートナーにめぐり合わせてくれてありがとう…

…自分の魂を成長させてくれるような仕事場や上司、同僚と合わせてくれてありがとう…

…自分がこの地球でやると決めた、神様との約束を果たすためにこの状況を作ってくれてありがとう…

これはブログだから、わたしの顔の表情や言い方が伝わりませんが、smiling on the outside, crying on the outside顔で笑って心で泣いてます。でも、昨日よりは笑う割合が、増えてます。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 感謝の週末 > 自分の望むことの逆も楽しむ
ふらと日用品の話 わたしはリタイアメントビザを持っていますので、引退後はフィリピンに住みたいと思っています。その時に畑の仕事をしたいと思っています。土地が豊かそうなので、畑事業は実り豊かなものになりそうだと思っています。そのためにはいろいろな準備が必要なのですが、その話は別...
Let’s Walk along Warashina River 秋晴れの昨日、仕事を休んで、のんびりじっくりウォーキングしてきました。 自宅から藁科川の土手へ出て、木枯らしの森から4.5キロ離れた新間のしんま路という産直野菜のお店に行って帰ってきました。9キロ。三時間半。目的はカロリー消費ではなく、正しく歩いて体...
生きるために必要なもの 最近は暑いので、シャワーで済ませていますが、シャワーでも「ふらのタオル」を使います。今朝、今まで使っていたタオルがゴワゴワになりましたので、新しいタオルに交換しました。 ふらのタオルは吸水性も良い。おろしたては水に濡れず、もしろ水を溜めます。...
極悪人を演じる男の立ち姿でわかる腰痛... 機能靴と足反射区療法のベネシュ。アメリカの大ヒットテレビドラマ「ウォーキングデッド」シーズン7のプレミアが今週放送になりました。わたしたちはマニラで見ることができました(スポイラーアラート!!)。さて第1話目で、悪役ネーガンが、有刺鉄線を巻き付けたバッドで...
Sewing is Fun! ふらの布で、施術時にクライアントさんの体に掛けるシーツと、パートナーのためにリラックスパンツを作りました。 ふらのタオル地は、端がほつれない様に処理することが時間との競争だったりして、わたしの様な初心者には扱いが難しかったのですが、洋裁用の布は楽でし...
洗剤を使わなくてもきれいに 「布良」の綿花は有機栽培。そして丁寧な手摘み、手紬。 人にも生態系にも優しくて、あたたかい。 洗剤を使わなくてもきれいに、気持ちよく、健やかになる力が目覚めます。 『布良』は、洗剤を使わなくてもほとんどの汚れを落とすことが...
Hello Mother with Dementia フィリピンから戻って、母の暮らしぶりが、何か違ってしまったことは、家の中に入ってすぐにわかりました。カーテンレールにカーテンが下がっているのにおかしな具合に画鋲で止めてあったからです。 当時、わたしの友人が何人か、母に年賀状を送ってくれていました。子...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up