ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝薬に頼らず健康に「紅豆杉エキス」〟

楽re

/ / / / /

Wellness Wednesday
紅豆杉で、薬に頼らず健康になろう。

    ヘモグロビンA1cが即効的に改善した

    現在、紅豆杉エキスを自ら入手したり、医師に推奨されて摂取している糖尿病の患者さんは全国におられます。
    この後のページでご紹介するように、食事制限や薬の服用だけでは改善しなかった血糖値が即効的に正常化した、という喜びの声が多数届いているとのこと。

    わたし自身、紅豆杉エキスを活用することで、糖尿病の好転を実感した体験者の一人でもあります。
    糖尿病の本格化以前の指標となるヘモグロビンA1cも、スピーディーに安定しました。付け加えると、紅豆杉エキスはむやみに血糖値を下げるのではなく、あくまで血糖調整作用を発揮します。
    血糖値が正常レベルに整えば、その状態を維持するわけです。
    そのため、糖尿病の薬物療法で注意すべき副作用である、低血糖状態を引き起こす心配はありません。
    またわたしの場合は、直腸に5cm台のポリープが発見されたのですが、紅豆杉エキスの摂取によりガン化せず、無事手術で切除して完治させることもできました。

北里大学元准教授・免疫学博士 岡野哲郎 研修用資料から

    ロバート・キヨサキさんのリッチ・ダッド・ラジオショーに、心臓病学博士のラダ・ゴパランさん、自然療法医のスニル・ジャンさんと、学生のニコール・スレドニッキがゲストで登場しました。ロバート・キヨサキさんと奥さんのキムはアメリカの中流階級の破産原因のナンバーワンが医療費であることから、このお二人とニコールさんをゲストに呼びました。

    ラダさんも、スニルさんもアメリカでは大変有名なトップの先生ですが「薬は治さない。治すのは体であって、薬は体が癒す行為をアシストするものだ」と言っています。そして「病気や体の痛みはストレスで悪くなるので、ストレスをコントロールするために瞑想をしましょう」と話していました。

    そして、デトックスは重要な役割を果たすとも語られていました。わたし達が吸う空気。わたし達が飲む水。わたしたちが食べるもの。わたしたちが使っているローションなどすべてから毒素は入ってくるからです。

      いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
      ホーム > 楽re > 薬に頼らず健康に「紅豆杉エキス」

      ブログをカテゴリーで読む

      © 2019 Tengudo

      Scroll Up