ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝糖尿病回復に導く「紅豆杉」〟

楽re

/ / / / /

Wellness Wednesday

    HbA1c(ヘモグロビンA1c) 8.1が5.9に

    岡野先生が糖尿病と診断されたのは、今から15年ほど前のこと。医科で抜歯をした後の傷がなかなか治らず、そこから菌が入って敗血症を発症。入院治療を受けた際に高血糖を指摘されたそうです(糖尿病になると、小さな傷でも治りが悪くなります)。

    その後、岡野先生は糖質を制限する食事療法とともに、紅豆杉エキスのお茶を飲用するようになりました。するとほどなくして、検査通知が順調に改善。平成25年3月の時点でヘモグロビンA1cは8.1でしたが6月には6.7に下降しました。

    次いで7月には5.9になり、以降も良好に安定しているとのこと。血糖投下薬は、糖質の多い食品を食べたときだけ服用しているそうです。岡野先生は直腸ポリープの癌化の阻止にも、紅豆杉エキスが役立ったのではと述べられています。

    (中略)

    ポリープの大きさが1cmを越えれば、癌と同様、腸を切って人工肛門を装着するのが標準的な治療の流れです。

    しかし、岡野先生のポリープには癌化の証拠がなく、ポリープのみを切除して出血を止める治療を希望。5cm、1.2cm台のポリープを切って、肛門を温存されました。

    現在は血便や排便痛もなく、腸は完治したという実感が得られているとのこと。こうした貴重な体験から、岡野先生は紅豆杉エキスの効能を改めて評価されています。

岡野先生ご自身も糖尿病が改善!
紅豆杉エキスでヘモグロビンA1c下降!
5cm台の直腸ポリープの癌化も抑えられて人工肛門を回避できた
取材・校正『はつらつ元気編集部」

    お医者様ですが、数値が読める人であっても、体感覚から完治したという実感を得られていることに注目しませんか。

    わたしたちの身体の判断を他の人、例えばお医者さんに任せたら、わたし達はユニバースからメッセージを受けられなくなってしまいます。そもそも、わたしたちは自分でこの町、この家族、この体を選んだのでした。そしてお友達、新しい家族も選んだのですから。

    わたしはC型肝炎でした。危なかった時に、わたしは体に紅豆杉のお茶を入れました。一生懸命飲みましたが、思えば大した手間ではありませんでした。そして、まだ生きています。それは、紅豆杉のお茶の話をして、困った人に聞いてもらうためなのだと思っています。

      いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
      ホーム > 楽re > 糖尿病回復に導く「紅豆杉」

      ブログをカテゴリーで読む

      © 2020 Tengudo

      Scroll Up