ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝朝の読書〟

いつも上機嫌 / 自己肯定・セルフヘルプ

こんにちは、グアッパの天狗です。

今日はミラクルモーニングのLife SaversのRはReading「読書」をご紹介します。

「自己啓発の本を手にとって、1、2ページ読みましょう。新しい考え方、その一日で実行できるものが学べます。」

朝は出かける前にYouTubeでフリーダイビングのテクニックの練習と斉藤一人さんのお話を流し、移動の車の中ではAudibleか、ポッドキャストを聞きます。わたしは、通訳の仕事もあるので、基本は英語のプログラムを選びます。お勧めは以下の通りです。
リッチダッドラジオショー
リアルエステイトガイズ
トニーロビンス
ハルエルロッド

AudibleはUK版で、毎月日本円で1300円ぐらい払ってますが、それでもお安いです。これで学べることを考えたら、大変お得だと思っています。

1分を自分のために投資する。すぐに1分では物足りなくなる、毎日使える時間を少しずつ増やす。家庭生活や、仕事が、自分のあり方が変わってきます。
自分が自分らしく楽しそうにしている人が、グアッパ。本は、自分の世界を広げてくれます。子供のころのワクワクを取り戻せますよ!

8月12日、藤枝BiVi1階トライアルスペース、Kokokaraに出店します。会いに来てくださいね。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > いつも上機嫌 > 朝の読書
Resilience いつも元気 Prosper!!畑の話。クリス・マーテンセン博士とアダム・タガートさん共著のProsper!!では、急激な変化が起きたときにモノの価格が急激に上がることを話していました。2011年福島原発が水蒸気爆発した時、対岸のカルフォルニアで被曝を案じた人たちが、ア...
Roxanne The Police わたしと弟は、両親が離婚したときに母に引き取られることになりました。母はそういうドラマをもう一度繰り返して、わたしたちは東京都立川市に住むことになりました。立川は昭和30年代は赤線地域だったそうです。当時はもう平成に近い頃でしたが、母が赤線に住むことになっ...
Caught up in rapture ハワイ滞在中にダイビングのガイドをしているアメリカ人と知り合いました。彼のツテで、ハワイ大学のダイビングサークルと一緒に潜ったことがあります。 ハワイ大学ののサークルと言っても、卒業生のサークルではなく卒業生のサークルで、行ってみると当時のわたしより...
爪水虫の話 爪水虫とは、爪に白癬菌が感染した病気。爪の色が悪くなり、爪が分厚くなるのが特徴です。よくお年寄りに見られますが、若い人にも感染している人がたくさんいます。 爪の層は3層あり、2層目が白癬菌に感染します。これに感染した場合は、患部を取り除いて新しく出て...
自分とは何者か 日系の米国人俳優に、ジェームズ・サイトウさんという方がいます。 映画「ライフ・オブ・パイ(Life of Pi)」で、保険屋さんの役で出演された役者です。米国のABCで放送されたテレビドラマ「弁護士イーライのふしぎな日常(Eli Stone)」では鍼...
衣料を良くして、医療いらず ふらと日用品の話。わたしたちは健康を考えるときに、「食」に意識を向けすぎかもしれません。「衣食住」と言います。衣が一番最初に来ます。医ともなる衣の材料である綿に、意識を向けてみませんか? 1カ月家を留守にしました。フィリピンでは予約していた家が、タウ...
古くなった「ふら」は自然に還る?その続き... 昨年11月30日に実験で使用済みのふらの一番小さいタオル(1号タオル)をプランターに埋めてみました。今回はそれを、プランターの土替えをするために掘り起こしてみました。埋めてから7か月ほど経って出てきたのがこの状態。 左が全体の画像で、右は一部を大きく...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up