ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝運のいい人と付き合おう〟

いつも上機嫌 / 自己肯定・セルフヘルプ

こんにちは、グアッパの天狗です。

9月のフラワーセラピーカードです。
リンクをクリックして、ぜひ画像を見て、癒されて下さい。

Uplift Your Thoughts
自分の考えを高揚させましょう

Focus your attention on the many blessings that surround you. By doing so, you’ll let go
of depression, poor self-esteem, and excess weight..
あなたを取り囲むたくさんのよいことに注意を向けましょう。そうすることで、憂鬱、低い自尊心、
加重体重も手放せます。

仕事のつながりで、翻訳の新規オーダーをいただきました。発注してくれたS社長さんは、ものすごく運がよさそうな人でした。仕事の内容も大変興味深いもので、そばで取り巻きしたくなるような方でした。

運がよさそう、大切ですね。お取引だけでないですね。自分が結婚する人、自分が一緒に仕事する人、自分が一緒にダイビングや、登山に行く人も運がよさそうな人が良いですね。運がなさそうな人は、まわりの人の運気も下げるように見えますね。

S社長は、ヒートショックプロテインを促すクリーム、Imprezaを販売する会社を経営しています。簡単に言って、バニラの種子の成分が入ったクリームを塗るとその部位の温度を上げてくれて、BCAAを活性化します。
足のむくみに悩んでいる人は、ボディクリームをふくらはぎに塗ると楽に感じられます
アイパットクリームを目の周りに塗ると、疲れ目が楽になるし、目元がふっくらして楽です。
アイパットクリームをほうれい線に塗ってみたら、薄くなって顔全体が上がったらしく、久しぶりに上唇が見えました。

ボディクリーム2.0を首に塗ることで、片頭痛の問題も解決しています。
朝出かける前に脊柱全体に塗ると、肩や腰の可動領域が増えて、快調です。

わたしだけでなないと思うのですが、体の可動領域が増えてが痛いところが減ると、快調だと思います。
快調だと、顔の表情が変わります。

運のよさそうな人が作る、運のよさそうな表情を作るクリーム。希望の方にはクラニアルセラピーで、使用感をお試しいただけますよ。疲れ目に悩んでいる人にはお勧めです。

自分が自分らしくあるために、許して手放すのがグアッパ。
10月14日、藤枝BiVi1階トライアルスペース、Kokokaraに出店します。クラニアルセラピーをどうぞお試しください。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > いつも上機嫌 > 運のいい人と付き合おう
オーガニック・コットン畑で発芽していました... ふらの種を植えて6日後。その間、大雨が降ったので、いくつかの種は流されていましたが無事にほぼすべての芽が出ていました。感動です! 大事に大事に育てます。この愛情が、ふらのすごさにつながっていくのかも知れません。それは勝手な思い込みですが、自然のすばら...
Partner up with your knees 機能靴と足反射区療法のベネシュ。家庭や勤め先でもベネシュの靴を履くことが出来ます。ベネシュからはスリッパのシリーズが発売されていまして、庭履きに使ったり、ちょっとしたトレッキングやクルマの運転に使えるものから、ルームシューズまでのタイプが取り揃えられていま...
Spread the roots 山の畑でミントがたくさん増えすぎてしまったので、もらってきて家のプランターで育てていましたが、ネコに掘り返されて瀕死状態になってしまいました。 それでプランターから出して地面に植えてみたのですが、なかなか根が付かず、ずいぶん心配しました。...
My Blood Sister, Hannah 90年代、セブに住む独身の外国人女性は、ハナの他にわたししかいなかった頃でした。 男性ばかりのレストランに入ると、女性はぎょっとすることがありませんか?逆の場合は、男性がぎょっとするのでしょうが、当時のセブはあらゆる場所で白人男性が中心の世界が、(も...
ふらのパジャマを買いました 昨年12月のフィリピンは、曇りがちで日光が少なく、平年より肌寒かった。わたしも思わず風邪をひいたほどです。 ふらのコットンは、寒い季節で暖かく、熱い季節では涼しく過ごせるという。それなら「寒い国」でも「熱い国」でも快適に過ごせるパジャマにちがいない。...
収穫まであと少し お彼岸は夏の疲れで体調を崩しがちです。お元気ですか? 秋といえば、天高く馬肥ゆる秋、このフレーズが思い起こされます。空気が澄んで、青々と美しい空が広がり、まだ緑の高原に美しい黒い毛の馬がいななくみたいな情景が目に浮かぶのです。その馬は、夏にはしゃいで...
アゲアゲ わたしは今通訳と翻訳のお仕事の割合が非常に高いのですが、自分自身のパフォーマンスにも成長期、安定期、再編期みたいなことがあります。 わたしの年代では、学校教育で英語に触れるのは中学生からでした。当時、英語の先生は、「外人と英語で話せないだろ...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up