ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝馬も食わぬ〟

いつも上機嫌 / ネイチャーズセラピー / 自己肯定・セルフヘルプ

こんにちは、グアッパの天狗です。

9月のフラワーセラピーカードです。
リンクをクリックして、ぜひ画像を見て、癒されて下さい。

Uplift Your Thoughts
自分の考えを高揚させましょう

Focus your attention on the many blessings that surround you. By doing so, you’ll let go
of depression, poor self-esteem, and excess weight..
あなたを取り囲むたくさんのよいことに注意を向けましょう。そうすることで、憂鬱、低い自尊心、
加重体重も手放せます。

近所に小川が流れる土手があり、春は桜、梅雨時はアジサイ、梅雨明けはつつじが目を喜ばせてくれます。今は仙人草が咲いています。白い小さめの花が、散らしたようにたくさん咲いて、かわいいです。わたし好みです。

仙人草は扁桃腺の治療に効果があるそうで、花言葉は、「安全」。有毒植物で、馬も牛も絶対食べないそうです。そもそもすべての毒は、使い道があると言います。この小さな花に、大衆に迎合しない存在感を勝手に感じます。

シマウマも、ライオンも、象も、雀も、わたし達も、「そう生まれたのだから、そのまま生きればいい」点は同じですね。そう生まれてきたのだから、違うもののフリをしないでいいのです。

ただ、わたし達人間は自分がどう生まれてきたのかは、わからなくなっている時期があったりしませんか。親や、学校の先生が言うことや、テレビ等マスメディアが伝えることを正しいと信じて、自分をそのまま出すと回りから受け入れてもらえないと思い込んでしまう時期です。自分を長く隠し続けて、自分の素質を忘れてしまっている人もいるかもしれません。

それも大丈夫なんです。本人はあせるかもしれないけど、魂は大丈夫なんです。今世はそういう条件で始めて、開花する体験をしたかったのでしょう。それに一から始めなくて良いのですよ。

思い出してみてください。子供のころに、何に心を惹かれていましたか?
  親や親戚の集まる場所で何かをしたいと口に出して、笑われた体験などありませんか?
  そのとき、何をしたいと言い出したのでしょうか?

まずはそこがきっかけです。その後から、続きの夢を見ましょう。実際の自分はその続きの夢の、どこにいますか?その夢は、好きなとこからやり直しできるんですけど、どこからにしますか?

自分が自分らしくあるために、許して手放すのがグアッパ。
10月14日、藤枝BiVi1階トライアルスペース、Kokokaraに出店します。クラニアルセラピーをどうぞお試しください。運のよさそうな人が作る、運のよさそうな表情を作るクリーム、Impreza。希望の方にはクラニアルセラピーで、使用感をお試しいただけますよ。疲れ目に悩んでいる人にはお勧めです。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > いつも上機嫌 > 馬も食わぬ
ベネシュのアフターサービス 機能靴と足反射区療法のBENESU。普段、ブーツを愛用しています。このブーツは、スカートでもパンツでもあわせやすく、カジュアルにもちょっとしたビジネスの場でもばっちりで、重宝しています。BENESUの靴を履いた人は、足裏の3本のアーチが整う感覚や、上半身の...
Silly answers to stupid questions ここ数ヶ月「222」の数字をよく見ます。エンジェル・ナンバーを調べたら「種は蒔かれたので、お世話をして芽が出るのを待ちましょう」って。わたしの努力は正しい方向だったって言われたみたい。嬉しいです。 最近“silly answers to stupid...
Enjoy while you can 若い頃、香港で暮らしていたことがあります。勤め先のオーナーの奥さんに対して、自分が異性からあまりありがたくない意思表示をされることがあるので「もう嫌だ!」みたいな話をしていた時に“Enjoy while you can”「出来る時には楽しみなさい」と言われ...
認知症を減らすことができる 楽re 。紅豆杉の話。今、朗読本のAudibleで聞いているのはCodependency Recovery: Wounded souls Dancing in The Light; Book 1; Empowerment, Freedom, and...
木枯森 藁科川の中州にこんもりとした森があります。夏の間は木の葉が茂って見えませんが神社があります。木枯森神社です。万葉集にも詠われました。四季折々の変化を楽しませてくれる大切な土地の神さまです。 ...
Hello Mother with Dementia フィリピンから戻って、母の暮らしぶりが、何か違ってしまったことは、家の中に入ってすぐにわかりました。カーテンレールにカーテンが下がっているのにおかしな具合に画鋲で止めてあったからです。 当時、わたしの友人が何人か、母に年賀状を送ってくれていました。子...
大平塩田のお塩 わたしが大阪の「楽re」の大平美智子先生に会ったのは、自分がC型肝炎の診断を受けて手術を受ける準備をしていた頃のことでした。 それまでわたしは、自分の夢を途中で諦めてフィリピンから帰ってきて、若年性痴呆の母を面倒をみながら仕事を一生懸命やっているのに...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up