ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝天才との出会いは、なかなか痛い事もある〟

楽re

35歳から人間ドックで検査項目が増えます。わたしはそのお陰で、慢性C型肝炎がわかりました。そう、すでに慢性でした。

だんだん体調が悪くなって、通勤、勤務中や親の介護に支障が出るようになったので、インターフェロンを使った通常の肝炎の治療を始めようとしたときに、それをするなという「不思議なおばさん」に出会いました。

時を先送りして現在、元気でまだ生きています。

何をしたかというと、大阪のO先生の治療法に出会い、自己免疫力をあげる生活改革を開始しました。ちょっと常識とは違うことをしました。

O先生は、わたしの命の恩人です。

しかし、天才なので、わたしのような常人には理解できないところがたくさんあります。

当時の友人知人は、新しい宗教を始めたのかとか、危険だから止めた方がいいといいました。

それでも続けたのはなぜかというと、好転反応が出て、辛い状況にありながら、体から、これは体が喜んでいる、これを続けるべきだというような、サインが出たからです。

わたしのように、危険な状態になってそういう生き方に変わる人もいれば、わたしのパートナーのように、わたしと出合って、もともとの自然志向と違和感なく融合する人もいます。友達や仕事での出会いで、こういう話になると、聴く方に(話すわたしにも)抵抗感があるようです。

わたしが何をしたかというと。

韓国の大平塩田の3年熟成の天日塩を毎日30グラム飲み、体から毒素を出しました。

細胞の再生に助けになる糖分と脂分を採るよう、奄美の黒砂糖と、シソオリーブ油を使った食事に切り替えました。

紅豆杉のお茶を1ヶ月一箱のペースで飲みました。

薬草樽をレンタル、後に買い取りまして8種類の薬草を皮膚から吸収させました。

わたしが、大阪のO先生に出会わなかったら、今頃は、死んでいたのでしょう。わたしのパートナーもがっつり加齢臭を漂わせて、腿まで冷える冷え性で、夜2時間おきにトイレに起きるおじさんになっていたことでしょう。

「自分の考え方を変えないと、自分の問題はなくならない」とロバート・キヨサキさんが言っていました。人の考え方を受け入れることは大変ですが、その先に何があるかというとわたしの場合は、今生きている命です。

そして、毎日いろいろな方面の天才に出会います。その天才がそれぞれ、新しい宗教の教祖とか言われていることもわかりました。わたしも凡人ですが、社会に出た後も、新しい考え方を取り入れて勉強を続けないと、医療費がかかって治っても副作用に苦しむとか、医療費はかかるが、治らずに死んでしまうこともわけですよね。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 楽re > 天才との出会いは、なかなか痛い事もある
自分と身体の対話 わたしは、ロバートキヨサキさんが大好きです。数々の著書も好きならば、リッチダッド・ラジオショーで話している内容も、ドライな冗談のセンスも大好きです。わたしは彼が教えている経済的分野の話にとどまらず、わたしは彼の年代で軍歴を持つ人に惹かれるようです。自分がフ...
The Incredible Piece of Cotton ふらの一枚の布から、すごい世界に出会ってしまいました。 綿繰り機を買いました。綿の実をくぐらせて、綿と種を別々に分ける工具です。いくつか見ましたが、京都の稲垣機料の綿繰り機がいいようだったので、ネットで注文しました。 届きました。木の匂いがしま...
TBT First day in Cebu 今日もTBTの日にアップロードできる昔の写真はありません。でも今日も、初めてフィリピンに到着したときの印象を話たいと思います。 フィリピン航空に乗ってオーラの汚いオジサンと隣り合わせで、やっと飛行機が到着して解放されたと思ったら、想像と全く違うターミ...
生活用品 布良の話、日用品。ふらはタオルでカラダを洗ったり、1か月間、カラダや顔を洗うために使ったタオルを、その後、お台所で使ったりすることで「洗剤の使用量を減らし、家庭の排水や汚水が自然に無害になる」という効果もありますが、単純に買い物をして使って楽しむ方法もあり...
Sewing is Fun! ふらの布で、施術時にクライアントさんの体に掛けるシーツと、パートナーのためにリラックスパンツを作りました。 ふらのタオル地は、端がほつれない様に処理することが時間との競争だったりして、わたしの様な初心者には扱いが難しかったのですが、洋裁用の布は楽でし...
足先をメンテナンスする わたしの好きなポッドキャストに"5 live science"というプログラムがあり、スウェーデンが輩出したオーストラリア人の天才「ドクターカール」に質問できるコーナがあります。 ある日のポッドキャストでは、スティーブンホーキング博士のように稀有な才...
My Blood Sister, Hannah 90年代、セブに住む独身の外国人女性は、ハナの他にわたししかいなかった頃でした。 男性ばかりのレストランに入ると、女性はぎょっとすることがありませんか?逆の場合は、男性がぎょっとするのでしょうが、当時のセブはあらゆる場所で白人男性が中心の世界が、(も...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up