ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝顔が上がる〟

布良(ふら)

わたしはお肌がきれいと言われるようになりました。7年前に今のパートナーと出合ったときは、サンドペーパーのような肌といわれていました。

7年前は、フィリピンに住んでいたので、ダイビング三昧、ハッシュラン三昧で、ファンデーションをつけたいという状況にもなりませんでした。さらに日焼けしていたので小鼻の横がガサガサで、毎日ピーリングしても次の日ガサガサになるトラブル肌でした。帰国して好きになった人と一緒に暮らすようになったのに、「くっついてくると顔の肌があたって痛い」と言われて、悩んでいました。

時を先送りして現在、「え〜?ファンデーションを塗っていないの~?」と驚かれるようになりました。自分としてはホウレイ線も減ってきていると思っています。

何をしたかというと、

ふらのタオルの利用者になり、お風呂だけでなく、家庭全体で使うようにして合成洗剤をシャットアウトしました。

ふらを使った洗顔では化粧水もいらないという触れ込みですが、一人さん化粧水を使い始めました。その後7年の間にスクワランオイル等動物性のものを使わなくなったり、最近美魔女ジェルを使うようになったら、お肌が潤うようになりましたし、ハリが出るようになりました。ココナツオイルでクレンジングをするようになったら、角栓が取れ、しかも潤って気持ちいいのでこれまた病み付きです。

しかし、ふらのタオル使用開始当初は好転反応でかゆくなり、これが1年近く改善しなかったり、また経済的合理性が見えなかったりと使用を続けることは何年にも渡り迷ってきました。しかし、パートナーの加齢臭があっという間の三日後になくなったことで、自分よりも家族のタメにと大げさなことを考えてゆれてました。

結局、自分の体にいい物を使ってあげると思えないうちは、自分の体も返してくれないんですよね。そう思ったところで良いものって何だろうと考えたもしました。女性ホルモンに効果があるエッセンシャルオイルを入れて化粧乳液を手作りして試しましたが、かえって顔が下がって乾燥して大変なことになったこともありました。

わたしだけでもないと思うのですが、体に合うものを口にしたり、身に着けたりすると、お告げとでも言いたくなるような直感的なメッセージを体から受け取るようです。回数が増えて、最近はその感覚に確信を持ってもいいような気がしてきました。だんだん波動も上がっていくのかな。

While there is life, there is hope.

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 布良(ふら) > 顔が上がる
Water boatman bug 大好きな新宿御苑を散策してきました。上の池の橋を渡っている途中で、水面をミズスマシが移動している姿を見ていました。ミズスマシは、たまに隣のミズスマシに突進して行って、突進されたミズスマシが垂直に飛び上がったりして、それなりの縄張り争いをしている...
ベネシュの靴とウォーキング プエルトガレラにはポンデロサ・ゴルフ・クラブがあります。そこからの眺めが素晴らしいと聞いたのでトライシクルをハイヤーして行ってきました。サバンの観光客と観光客相手の商売の喧騒を逃れ、プエルトガレラタウンのマーケットの喧騒を逃れ、高いところに上がっていきます...
マリムーン この秋のキャンペーンのお礼とのことで「ふらのわ」からプレゼントのマリムーンが届きました! プレゼントのマリムーンはサイズが一番小さなものですが、これでもすごいんです。マリムーンは、阿寒湖で知られるマリモのマリと、お月さまのムーンとのネーミング。マリム...
ミラクルモーニング こんにちは、グアッパの天狗です。 さて、ミラクルモーニング。 著者のハル・エルロッドさんが成功している人の生活習慣を調べたところ、誰もが共通して朝早く起きて、そして自分自身のために時間を使っていたことがわかったそうです。 具体的には、以下をし...
バウンダリが在りますか? アサーティブネス・バウンダリの話。 子供の頃からよく気が付くねと言われて育った人。 家の中が落ち着かなくていつも「お父さんが機嫌が悪いからね~。大人しくしてなさい~」とか言われながら育った人。 誰かに黙ってもらいたくて「もうわかった、分かった。わたし...
Stress Is Good HSKキネシオロジー、心の中のストレスの種。最近はキネシを健康法で使う人が増えたのかも知れません。 グルテン不耐性の記事を読んでいるときに、リーキーガット症候群(漏れている腸)の説明があり、どれを食べてもいいか悪いかを調べる方法として「キネシもあるが...
Spathiphyllum|スパティフィラム ソニアズガーデンでは、お部屋は2階でした。階段を下りてくるとすぐ下にあったのがこのお花。 日本でもよく見る観葉植物で、この国では自生していました。高原のお庭で見ても凛としていて、涼やかな気持ちにさせてくれました。 スパティフィラム ...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up