ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝再び幸せが訪れる〟

布良(ふら)

昨日のブログで「科学を由来としながら、その効果がまるでマジックのように見える商品はいくつもあります。」というお話しをしました。現代版の魔女としましては、そういう優れた製品は堂々と家庭で使用し、お友達やご縁のあった人にお勧めしていきたいと思います。もう焼かれる恐れもありませんのでね。

いまや我が家の生活必需品、マリムーンをご紹介します。

外部リンク:https://www.fulanowakai.com/product

マリムーンロングで寝るようになって久しいです。これを使うようになって、いくつか面白い大変をしました。それまで冬はひざの上まで冷えて、マッサージに行くと足に血流がないといわれていたのですが、横になっているだけなのにジムで運動した後のように毛細血管に血が通り始めました。朝起き上がるとき、腰が痛くて横向きになってから手を突いてそぉ~っと上半身を起こしていたのですが、普通に起きられるようになりました。マリムーンロングの下に砂を撒いたような質感の物質がありました。とても不思議で何人かと話したところ、病気や不調の種が汗となって出て行ったのではないかとのことでした。

これまでの人間関係で傷ついたこと、心の奥底にしまってふたをしていた人達が夢に出ては、起きた後で、すっきりしているというような体験が続きました。亡くなった母が夢に出て、その母に腹を立てて勢いで目が覚めてしまうことは最も長く続きました。ある日、母が「ありがとう。ずーっとわかってたよ。」と言ったところで目が覚めました。その日以来、母の亡霊とはさようならをしました。わたしを生んだ母と、わたしの心はその日を境に適切な距離感を保っているようです。

時を早送りして、今年の始めに風邪をこじらせて、気管支炎になり5日間寝込みました。横にはなるが、夜通しセキをするので、腹筋が痛いし、四つんばいになってセキをする。家族も寝られないし、自分の体が嫌いになりそうでした。その時に買い置きしていたマリムーンミニを下ろして、肺上部において寝てみました。なんだか楽になりました。症状が落ち着いて、外に仕事で出られるようになったら、つぶれていた肺胞が再生して胸板が厚くなった気分というか、下がっていたバストが上がって、胸を張りたくなったとかそういう変化がありました。

児童虐待が今般社会問題として、メディアで問題になっていますが、最近表立って話されるようになっただけで昔からありましたね。そういう亡霊と共存している人にお伝えしたいですよ。結果として「わたし」には忘れることは無理でしたが、わたしの体をマリムーンで包んで温かく保ったら、夢の中で共依存関係が解消になりました。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 布良(ふら) > 再び幸せが訪れる
香りと匂い ふらと日用品の話。昔から香りのあるものが好きでした。コロン・シャンプー・洗剤。なんとなく外国風なものを求めていたような気がします。そして病気になったことがきっかけで、化学薬品を使わない代替医療や予防医療に明るい人々とのお付き合いが始まったら、そういう人たち...
秋のほまれ 8月に蒔ける大根「秋のほまれ」をポットに植えました。これを苗にして山の畑に植え替える予定で、すぐに芽が出ました。大根の種はゴマの親分さん位の大きさ。その大きさの違いに、単純に驚きです。 ...
Japanese snake gourd|烏瓜 カラスウリ。この花は夜咲くのだそうで、昼間に畑に行くわたしたちには見られません。知らないうちに花の時期を過ぎて、実の生る時期となっていたようです。レモンの木に蔓を絡めてぶらさがっていました。 カラスウリの花言葉 『よき便り・誠実・男ぎら...
Facing your deep-seated doubt マリッジ・ファミリー・カウンセラーの工藤亜佐子先生にお願いして、カップル・カウンセリングをしてきました。 そもそも亜佐子先生は、HSKキネシオロジーの本間先生の紹介でご縁ができたカウンセラーです。あれは2012年2月か3月ぐらいにロサンジェルスに本間...
奄美の黒糖 楽reと奄美の黒糖の話。体重をコントロールしようとする人が、最初に減らそうとするのが糖質・糖分だと思います。これは大抵の場合、辛いチャレンジです。 わたしたちはほとんどの場合、白砂糖過多の食生活をしています。その上、白砂糖には中毒性があります。「疲れ...
こだわり方 地方の寿司屋で「あがり」をいただいた時に思うこと。 「どうしてこんなにも風味がちがうわけ?」 店の人が入れてくれたお茶の銘柄を訊ねると「うちは静岡の川根茶を取り寄せている、だから上質なんだ」と自慢を聞かされることがありました。 静岡産をブ...
Ailing Mother and Struggling Daughter 前回、母の介護認定のことに触れました。無事に希望通りの認定をいただきまして、母は立川市に新しくできたグループホームに入所しました。グループホームに持っていけるものを選んで、残った家財道具や、衣類はすべて捨てました。 ご両親の持ち物を片付けるときは、で...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up