ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝再び幸せが訪れる〟

布良(ふら)

昨日のブログで「科学を由来としながら、その効果がまるでマジックのように見える商品はいくつもあります。」というお話しをしました。現代版の魔女としましては、そういう優れた製品は堂々と家庭で使用し、お友達やご縁のあった人にお勧めしていきたいと思います。もう焼かれる恐れもありませんのでね。

いまや我が家の生活必需品、マリムーンをご紹介します。

外部リンク:https://www.fulanowakai.com/product

マリムーンロングで寝るようになって久しいです。これを使うようになって、いくつか面白い大変をしました。それまで冬はひざの上まで冷えて、マッサージに行くと足に血流がないといわれていたのですが、横になっているだけなのにジムで運動した後のように毛細血管に血が通り始めました。朝起き上がるとき、腰が痛くて横向きになってから手を突いてそぉ~っと上半身を起こしていたのですが、普通に起きられるようになりました。マリムーンロングの下に砂を撒いたような質感の物質がありました。とても不思議で何人かと話したところ、病気や不調の種が汗となって出て行ったのではないかとのことでした。

これまでの人間関係で傷ついたこと、心の奥底にしまってふたをしていた人達が夢に出ては、起きた後で、すっきりしているというような体験が続きました。亡くなった母が夢に出て、その母に腹を立てて勢いで目が覚めてしまうことは最も長く続きました。ある日、母が「ありがとう。ずーっとわかってたよ。」と言ったところで目が覚めました。その日以来、母の亡霊とはさようならをしました。わたしを生んだ母と、わたしの心はその日を境に適切な距離感を保っているようです。

時を早送りして、今年の始めに風邪をこじらせて、気管支炎になり5日間寝込みました。横にはなるが、夜通しセキをするので、腹筋が痛いし、四つんばいになってセキをする。家族も寝られないし、自分の体が嫌いになりそうでした。その時に買い置きしていたマリムーンミニを下ろして、肺上部において寝てみました。なんだか楽になりました。症状が落ち着いて、外に仕事で出られるようになったら、つぶれていた肺胞が再生して胸板が厚くなった気分というか、下がっていたバストが上がって、胸を張りたくなったとかそういう変化がありました。

児童虐待が今般社会問題として、メディアで問題になっていますが、最近表立って話されるようになっただけで昔からありましたね。そういう亡霊と共存している人にお伝えしたいですよ。結果として「わたし」には忘れることは無理でしたが、わたしの体をマリムーンで包んで温かく保ったら、夢の中で共依存関係が解消になりました。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 布良(ふら) > 再び幸せが訪れる
自分とは何者か 日系の米国人俳優に、ジェームズ・サイトウさんという方がいます。 映画「ライフ・オブ・パイ(Life of Pi)」で、保険屋さんの役で出演された役者です。米国のABCで放送されたテレビドラマ「弁護士イーライのふしぎな日常(Eli Stone)」では鍼...
お地蔵さんの裏の顔 物事には陰と陽があると言います。 電気にはプラスとマイナス。 生き物には雄・男と雌・女。 好きの反対は嫌い。 問題には、解消。 優しいお地蔵さんの裏の顔は、閻魔さま。 別のご神仏ではないのです。 ...
Protect inside your brassiere ふらは無農薬で作られた綿から、手紡ぎの糸で作られたタオル等を販売しています。 無農薬の綿が何をしてくれるか。色々なことがあるんですけれども、わたしの場合は「ふらそら2」を長手方向に半分に切って、両端と真ん中にギャザーを入れてブラジャーの中にパッドとし...
HSKキネシオロジー わたしは当時、カラダの具合も悪かったのですが「自分が変わらなければ人生が上に向かない」という気持ちになっていた時でした。偶然、精神世界の鉄人さんのブログを見つけて読んでみたら、作者のトーマさんがその中でキネシオロジーの紹介をしていました。 トーマさん...
Be who you are 自分のムードを変えたかったら、生理的に変えるという方法があります。 トニー・ロビンスさんはアイスコーヒーを飲んだ人と、ホットコーヒーを飲んだ人が、同じ事象に対して違う反応を示すことをポッドキャストの中で説明していました。 ショーンスティーブンソ...
顔剃菜|コウゾリナ わたしたちの畑では、可能な限り不耕起で自然のものを使い土作りをします。雑草と共存させて土を豊かに変えますが、その中でも常連の花と言えばこのコウゾリナの黄色の花。 葉や茎にも硬い毛が生えて肌を切ってしまいそう。少々扱いが面倒ですが、自然...
Water boatman bug 大好きな新宿御苑を散策してきました。上の池の橋を渡っている途中で、水面をミズスマシが移動している姿を見ていました。ミズスマシは、たまに隣のミズスマシに突進して行って、突進されたミズスマシが垂直に飛び上がったりして、それなりの縄張り争いをしている...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up