〝男は母のような強い女を求める〟

男と女

ただ強いだけじゃない
ものすごく強い女をね、
そういう女から
男は離れることができないんだよ

こんにちは、Tengudoです。詩人、ダイバー、フィリピンスペシャリスト、の何とかなっちゃう話にようこそ。今日も斎藤一人さんの「一日一語 斎藤一人三六六のメッセージー令和編―」にインスピレーションを得ました。

わたしはマツコさんが大好きです。昨日は「マツコの知らない世界」の放送日でした。いいものを見せてもらいました。コロナで中止になった高校生の花イケバトルの代わりに番組で場所を提供してあげたマツコさん。花イケの制限時間は5分なんだけど、5分を超えて仕上げさせてあげた優しさ。彼女がいないことを悩む高校生の男の子に、将来は明るいんだぜと目線を先にしてあげた会話。またマツコさんのような人だけが与えられる安心と、あえて書きますけどね、男同士の連帯感も垣間見ました。

でも、高校生にしてあのおっさん感。男子というのはやっぱり女性性を追加してあげないと、「老け」ますね。今日のひとりさんの一語、そういう意味なのでしょうか?

同じ回の「マツコの知らない世界」でメープルシロップも紹介されていました。マツコさんはメープルシロップのご夫婦の旦那さんがタイプだったのかな。あんな顔になってしまった時、わたしにもありました。しかし、わたしはしばらくあの表情してないです。目の前にいる人が自分のタイプだった時の、ふいをつかれた感じ、ええっ?みたいな全身の動揺感、乾いたと思っていたカラダにどっから出てきたのか潤いが流れるみたいな、あの感じ。いいもんだよね。

わたしは女ですからね、元々は怖いんですよ。弟がいる長女でね、90年代から00年代のフィリピンに単身で渡り仕事してきましたので、根性も座っている方だと思います。ただ、「常識的」に成長することを選んだので怖く見えないは見えないらしいんですよ。だから馬鹿にされちゃう時があります。あえて書きますけどね、腐った男に馬鹿にされちゃうことがあるんですよ。馬鹿にされちゃうってね、懐かれちゃうって意味です。

上から目線で馴れ馴れしくされると本当に腹が立ちますよ。だって腐った男だよ。わたしは腐ってないからね、腐ったヤツは格下だよ。わたしが惹かれるような男になってからやってみろって言いたいですよ。そうしたら1秒くらいちゃんと見てあげます。髪の毛、服装、顔の艶、靴の艶。その他持ち物。

どーだ、怖いだろ〜。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 男と女 > 男は母のような強い女を求める

© 2021 Tengudo

Scroll Up