〝塩キュウリ添えてアマランサス丼や〟

生き方

Lay salted cucumber
aside THE amaranthus bowel

夏の季語は「きゅうり」。
Kigo for Summer is “cucumber”.

選択肢はたくさんあるに
越したことはないけど、
じゃんけんのグー、チョキ、パーみたいに、
3つくらいの「手」は用意しておくべきだよ。

ひとりさんの一日一語 (令和編):

こんにちは。我が家はキッチンにエアコンがないので、夏場は火を使う料理をすると暑い上に、熱い。在宅勤務になって2年以上経ってやっとわかったのですが、朝、通勤しなくなった時間に下ごしらえして、のんびりのんびり料理したらいいのでした。今朝は、塩キュウリを作って、アマランサスを土鍋で炊いている間、自分はエアコンの部屋に退避して、仕事してました。今日のランチは塩キュウリを添えたアマランサス丼です。

きゅうりは夏の季語で夏の野菜です。汗をかくので水分補給が重要な夏の時期、体に吸収しやすい水分補給源なんだそうですよ。この時期こそ、キュウリを有難くいただきましょうね。ちなみに天然塩で板摺した後、ピカピカになっているキュウリは、食欲をそそります。

さて、今日の一日一語は、わたしにとって座右の銘です。「例えば、イヤなヤツが現れたら、「優しく接する」「逆切れする」「逃げる」の3つを用意しておく。言ってもダメならとっとと逃げる」そうです。逆切れする時、自分も瀬戸際ではしかたないんです。企てて逆切れし、その後は、かかわらなくていいように逃げるのがポイント。

わたしは何度も「逆切れ」しなくちゃいけない人でした。なめられちゃってました。このタイプは「圧」と何百回も言う練習が効果があります。それに加えて、わたしは、リアナのBitch Better Have My Moneyを毎朝歌ってます。この音楽ビデオは、言葉、ヌード、暴力の視聴者ガイダンスが出ていますので、リンクを貼ると、画面が以下のようになってしまいますね。「なめてんじゃねーぞ」という強い思いが体に満ちてくるし、わたしは女!と開き直り、あらためて選択するかんじでしょうか。また英語の歌を歌って一日を始めると通訳で滑舌がよくなりますので、一石二鳥です。

今日の足反射区の健康ポイント。朝起きたら、寝床でする運動のパート4です。寝た状態のまま、かかとを床に対して90度にして、足指をグーパーグーパーします。足裏全体も使いますが、アキレス腱のあたりにプレッシャーを感じると思います。家で過ごす時間が多くなっている昨今、アキレス腱にも休んでないで起きてもらいましょう。

頭に天国言葉。心に感謝。体に栄養。顔につやを出して、無明の世界に生きている人の光になろうとすると、体が動いて脳が正常に動かないとね、助ける側になれないからね。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 生き方 > 塩キュウリ添えてアマランサス丼や

© 2022 Tengudo

Scroll Up