ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝僕らはみんなユニバースの一部〟

HSKキネシオロジー

/ / / / /

HSKキネシオロジー。心の中のストレスの種。フィリピンに来ましたので、浅い付き合いながら長く続いているお友達と再会しています。どの人とも、まるでブランクがなかったかのように過ごしています。浅い付き合いと言いながら、いろいろなバックグラウンドを持つ人たちが世界中から「フィリピンでに住みたい」という理由でここにきて出会う。でもフィリピンは7100も島があるのに、この島を選び、この島の中でもこのビーチを選んで訪れて何年も顔を合わせているのですから、ご縁だなと思います。

あまりにもバックグラウンドが違い過ぎた人々とユニバースのモザイクの一部になると話さなくてもいろんなことが見えてきたりするものです。忘れてしまいたい過去があるとか、これがあれば私の、僕の人生は完璧なのにと思っている何かがあるとか、パートナーと常にライバル意識がある状態で一緒にいるとか。だから誰にとっても「ストレスのない人生を生きる」と決めないと、そういう人生はあり得ないのだということも見せてもらいます。ユニバースの多様さに驚くばかりです。

わたしも長らく、虐待された子供時代の記憶を自分の意思で思い出さないようにして生きてきました。それを思い出した後の反動みたいなものもたくさん経験させてもらっています。今も体験中です。やっぱり自分が自分に優しくしてあげることによってしか、自分が許せなかった人や許せなかった体験を手放すことはできないようです。自分に優しくするとは、自分がしたいことを自分に許して、させてあげることです。

脳は忘れないので、あるきっかけで思い出してしまうのです。自分が過去の体験を感じないようにするとは、そこにつながるような神経や思い出に、全部結び目を作って止めているようなものでしょう。それをほどいて、エネルギーがまっすぐに通るようになったら、なんでもっと早く手放さなかったのだろうと思うと思いますよ。特にもう自分の虐待者がこの世にいないなら、なおさら自分がやりたいことをさせてあげて、自分に優しくして、その虐待者を一刻も早く許すべきだと思います。

わたしにとって、そのカギはここ、フィリピンにあります。プエルトガレラにはテクニカルダイビングがしたくて来るようになりましたが、カギはスキューバダイビングにあるようです。

あなたにとってのカギはなんでしょう。わたしたちはその時を耐えて今まで生き延びてきたので、もう怖いことはありません。HSKキネシオロジーでは、個人の潜在意識を本人の顕在意識とつなげますが、手放す体験は本人が選択して、許可した分だけ経験できます。すべては過程。大丈夫ですよ。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > HSKキネシオロジー > 僕らはみんなユニバースの一部
Overjoyed ある愛の思い出 https://youtu.be/IziIAbG2DSU 20代最後の歳に始めて不倫をした。 彼は、わたしとは結婚できないといった。涙のお別れをした後、マニラのマカティにあるザ・ランドマークの前でタクシーを待っていた。 あれだ...
零余子|むかご お庭に山芋の蔓が伸びています。よく見ると零余子が付いています。収穫期は秋なのでまだまだ小さい零余子です。 ...
洗剤を使わなくてもきれいに 「布良」の綿花は有機栽培。そして丁寧な手摘み、手紬。 人にも生態系にも優しくて、あたたかい。 洗剤を使わなくてもきれいに、気持ちよく、健やかになる力が目覚めます。 『布良』は、洗剤を使わなくてもほとんどの汚れを落とすことが...
秋のほまれ 8月に蒔ける大根「秋のほまれ」をポットに植えました。これを苗にして山の畑に植え替える予定で、すぐに芽が出ました。大根の種はゴマの親分さん位の大きさ。その大きさの違いに、単純に驚きです。 ...
We ploughed a field on the mountain and planted Fu... 今年初めて、山の畑を開墾して、ふらの棉を植えました。 We ploughed a field on the mountain and planted Fula cotton this year for the first time. 何...
Golden fish 去年、バーバァの家からもらってきた金魚たちが、我が家で二回目の夏を迎えました。朝になるとお腹がすいているらしく、わたしたちがあげるエサを食べてくれます。かわいいです。 ...
Progress in Medicine 母は、最初にグループホームに入りました。そのグループホームが手配してくれた母の年に一度の健康診断の結果を聞きに個人病院に行ったときのことです。痴呆が進んだら「今後、どういうケアをするのか、家族で考えるように」アドバイスをされました。 「例えばベッドか...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up