ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝自己肯定・アサーティブネス〟

自己肯定・セルフヘルプ

/ / / / / / / /

自己肯定・アサーティブネスの話。フィリピンのケーブルテレビでVoiceというアメリカのオーディション番組が見られます。マルーン5のアダムと元ユーリズミックスのデイブが、ある男性参加者のコーチをしているパートを見ていました。その参加者はとても素晴らしい声と表現力を持っているのに自分でそれに気付いていない、だから表現力のところで伝わり切れないというようなお話でした。

自分がこの場にいていいのかわからない、自分がやろうとしていることが受け入れられるかどうかわからない。自己肯定・アサーティブが確立できていない状態で、自分の要求を表現するということは日常生活でもよくあることかと思います。例えば、今のわたしたちのような状態。わたしにとってはなじみのある場所で、パートナーにとってはなじみのない場所に、二人一組としています。用事をしなければならない時に、自己肯定・アサーティブの状態で話をしなければ、自分がほしい情報・条件・モノにたどり着くのが遠回りになってしまいます。

アウェイな外国では、外国語で会話をする必要があり、自分の慣れているアクセントと慣れていないアクセントがあり、単語もしかり。初めにはお互いを少し探るような感じになることもあります。お互いを知りあうまでのプロセスでの、自己肯定はとても大切です。うまく自己肯定ができないと、自分の一番の味方に八つ当たりをするような羽目になります。だから自己肯定は大切です。ですが、自分の思った通りにならないことになってもOKと最初に覚悟を決めておくと、うまくいきやすいかもしれません。

フィリピンはラテンの国なので、個人主義、優しい人たちばかりですが、思考が自由過ぎて、ヨーロッパ式、日本式になれている人には驚かされることも多々あります。それを理解しようとするのが、自己肯定ではなくて「わかんないのよね~。でも、わたし(僕)は平気」というのが自己肯定。

今は自分がダイビングのインストラクターという自意識(エゴ)で潜っていた時には見えなかったことも見えてきます。最大深度30メートルのマルチレベルダイビングで、潜水時間60分のダイビングができる人しか今日、このボートに乗っていないと思うと、いろいろな運営上のストレスがなくなるのと一緒です(それは危機管理とはまた別のお話なのですが、ここではその話はしません)。

自己肯定・アサーティブネスとは、なによりもまず、ユニバースと自分の取り決めとして認識すると、楽しくないですか。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 自己肯定・セルフヘルプ > 自己肯定・アサーティブネス
ふらの綿とアレルギー 布良と日用品の話。ご縁のあった人に「ふらの良さ」を分かってもらいたいと思い、健康に不安のある方にお話させていただくことがあります。しかし、「薬の様なものではないので、こうして使う」というものではないので、説明をするときに話があっちに行ったり、こっちに行った...
エネルギーのレセプター I am happy to announce that the president of Furanowa, the incorporated NPO will come to Shizuoka to talk about the healthy & Ec...
地球の環境を元からきれいにできる 布良のQ&A 布良のQ&A その3 Q5 布良は地球の環境を元からきれいにできるのはどうして? A5 地球の環境を良くしているのは地球全体(空中、海中、地中)の微生物だと言われております。この微生物の働きが弱ると地球の自然...
Health Benefit from Mari-MoonR わたしは「高齢者となった後、自分だけならともかく家族まで医療費の金策に苦しむような老後を送りたくない」と思っています。自分の介護体験からです。 具体的には、体を温めて自己免疫力を上げるものにお金をかけたいと思っています。 In specific...
昼咲月見草|ヒルザキツキミソウ 自分が育った関東と静岡は、やはり生態系が違うようです。山の畑に生える雑草に、こんなかわいい子がいます。雑草とは思えないほどカワイイです! ...
13 sisters foundation 去る4月、アメリカンスクールインジャパン(略してASIJ)で、13 sisters foundationの第1回授与式が行われました。13シスターズのある一人のサポートメンバーとして、参加してきました。 アメリカ人海洋学者、故ジャック・モイヤー博士は...
Partner up with your knees 機能靴と足反射区療法のベネシュ。家庭や勤め先でもベネシュの靴を履くことが出来ます。ベネシュからはスリッパのシリーズが発売されていまして、庭履きに使ったり、ちょっとしたトレッキングやクルマの運転に使えるものから、ルームシューズまでのタイプが取り揃えられていま...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up