ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝自己肯定・アサーティブネス〟

自己肯定・セルフヘルプ

/ / / / / / / /

自己肯定・アサーティブネスの話。フィリピンのケーブルテレビでVoiceというアメリカのオーディション番組が見られます。マルーン5のアダムと元ユーリズミックスのデイブが、ある男性参加者のコーチをしているパートを見ていました。その参加者はとても素晴らしい声と表現力を持っているのに自分でそれに気付いていない、だから表現力のところで伝わり切れないというようなお話でした。

自分がこの場にいていいのかわからない、自分がやろうとしていることが受け入れられるかどうかわからない。自己肯定・アサーティブが確立できていない状態で、自分の要求を表現するということは日常生活でもよくあることかと思います。例えば、今のわたしたちのような状態。わたしにとってはなじみのある場所で、パートナーにとってはなじみのない場所に、二人一組としています。用事をしなければならない時に、自己肯定・アサーティブの状態で話をしなければ、自分がほしい情報・条件・モノにたどり着くのが遠回りになってしまいます。

アウェイな外国では、外国語で会話をする必要があり、自分の慣れているアクセントと慣れていないアクセントがあり、単語もしかり。初めにはお互いを少し探るような感じになることもあります。お互いを知りあうまでのプロセスでの、自己肯定はとても大切です。うまく自己肯定ができないと、自分の一番の味方に八つ当たりをするような羽目になります。だから自己肯定は大切です。ですが、自分の思った通りにならないことになってもOKと最初に覚悟を決めておくと、うまくいきやすいかもしれません。

フィリピンはラテンの国なので、個人主義、優しい人たちばかりですが、思考が自由過ぎて、ヨーロッパ式、日本式になれている人には驚かされることも多々あります。それを理解しようとするのが、自己肯定ではなくて「わかんないのよね~。でも、わたし(僕)は平気」というのが自己肯定。

今は自分がダイビングのインストラクターという自意識(エゴ)で潜っていた時には見えなかったことも見えてきます。最大深度30メートルのマルチレベルダイビングで、潜水時間60分のダイビングができる人しか今日、このボートに乗っていないと思うと、いろいろな運営上のストレスがなくなるのと一緒です(それは危機管理とはまた別のお話なのですが、ここではその話はしません)。

自己肯定・アサーティブネスとは、なによりもまず、ユニバースと自分の取り決めとして認識すると、楽しくないですか。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 自己肯定・セルフヘルプ > 自己肯定・アサーティブネス
心配した大雨の影響 二週間ぶりに綿の畑に行ってきました。 台風18号とその後の大雨で、綿の木は折れたり、倒れたり、根っこが土から出てしまっていたりしました。しかし、生きとし生ける者は万事こういうものなのでしょう。折れた枝は枯れていましたが、早々と種を落としていたり、残っ...
ヤギとギンネム ヤギ 粗放的な取り扱いにも耐えることから、作物や肉牛などの経営の合間に補助的に飼養されるケースが多く、ほぼ100%がバックヤード・ファーム所有である。濃厚飼料などは一切給与されず、野草地や道路脇に放牧するのが一般的な飼養形態である。 ...
秋葵|オクラ オクラは日本でも今頃がシーズン。刻んで納豆とメカブと混ぜてネバネバ丼にしたり、お味噌汁やシチューにいれたりなど、生活に密着した野菜。 日本の野菜かと思っていましたが、フィリピンでもOkraとラベルがついてスーパーでも売っていて、初めて見た...
わたしの誕生日 Gratitude Weekend 今日はわたしの誕生日。わたしが生まれた年も、誕生日は日曜日でした。何かが一周した感じ。 今朝、YouTubeで斎藤一人さんのお話を聞いていました。「○○になるから、△◆はいけないよ」という言葉は、不安の波動。部屋...
Ferrari without four wheels ベネシュ。偶然に見ていたTEDxのビデオでカルバンクラインのモデルのトレーナーであるロジャー・フランプトンさんの話を見ました。 骨格筋肉系の不調で仕事をできない人が何十%の単位で毎年増えているんだそうです。彼は骨格筋肉系の不調で仕事が出来ないなんて「...
Gratitude journal Friday かれこれ三年半位前になりますか。静岡に来て自分の生まれた育った東京とは全然違うライフスタイルになりました。独り暮らしから二人暮らしになったこと。外資の金融の会社が無い場所。地下鉄と自転車の生活からクルマの生活へ、等々です。 その時に自分の人生を良くす...
秋のほまれ 8月に蒔ける大根「秋のほまれ」をポットに植えました。これを苗にして山の畑に植え替える予定で、すぐに芽が出ました。大根の種はゴマの親分さん位の大きさ。その大きさの違いに、単純に驚きです。 ...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up