ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝Harvest and Gratitude〟

Prosper!!と畑の話

/ / /

Prosper!!と畑の話。
わたしたちは不耕起栽培をしたいのです。でもよく分からなくて一所懸命に耕してしまいました。秋撒きのダイコンが首を土から5、6センチ出させ、葉っぱを広げて収穫の準備が出来たことを教えてくれました。

わたしたちは殺虫剤を使わないので、ダイコンの葉っぱが食べられてしまって肝心なダイコンが育たなかったものもありますが、収穫の時期を無事に迎えることが出来ました。

真っ白なダイコン。食べ物の質としては陰でもなく陽でもなく中庸。わたしたちはベジタリアンでネギ類の持つ酵素が必要ないのでインドカレーを作るときにタマネギの代わりにダイコンを使います。甘みが出てとても美味しくなります。

畑にもっと有機の肥料を足してあげる必要があります。出来たダイコンもサイズとしてはそれほど大きくないのですが、生で食べてみると、とても美味しいものが出来ていました。

ダイコンの葉っぱには、チクチクが有ります。これを初めて体験したときにはとても驚きました。お味噌汁に入れると、独特の香りがしてとても美味しいのです。この堀りたてのダイコンをお味噌汁の具に使ってみました。甘くて瑞々しくて、本当に美味しいダイコンになりました。

わたしたちが「殺虫剤を使いたくない」と言っている理由、そもそもオーガニックの野菜が美味しいワケは「殺虫剤を使わないから」何も殺さないからなのです。そしてエネルギーがやさしいのです。また、GMOは虫が付かない様に、付いた虫が死んでしまう品種改良がなされていますので、できればそういうものも食べたくありません。殺すために生きる作物のエネルギーを考えると、ちょっと悲しくなります。

畑の収穫が豊かであるとは、人に分けてあげたい気持ちにさせられるものです。これからも有機肥料を作って土を良くしていけば、生産効率はもう少し上がるでしょう。そうして、うちで食べる分だけでなく、お友だちにあげる分が採れて、もっと上手くいったら、ご近所さんにあげる分も出来るかも知れない。

「立派なダイコンが出来ました」と報告して食べてもらいたい人は、当然ながら畑のことを教えてくれた人。秋田美人の様に真っ白なスベスベのダイコンを見ながら、ちょっと簡単には会えない所に住んでいる畑の師匠に、感謝の気持ちを風に乗せて飛ばしました。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > Prosper!!と畑の話 > Harvest and Gratitude
思い込みは手放そう 実は自分は幼少のころから、つい最近まで、異性の好意が理解できませんでした。今もばっちり分かったなんて言いませんが、かなり長い間、男性は全員女性の体目当てだと思っていた自分がいました。 その後の人生経験と、今のパートナーと関係から、それは間違...
タロットカードを使ってユニバースと話そう... 今まで土曜日は足反射区療法と機能靴のBENESUのお話をしてきましたが、このお仕事は終わりにすることにしました。BENESUの施術や靴に興味がある方は、紹介させていただきますのでお問い合わせください。 これから土曜日は、タロットカードのお話をさせてい...
Constant garderning 感謝の日記、日曜日。昨日、塩のことで感謝した後で塩を飲みたくなりました。15グラム飲んでみました。塩をカラダに入れると、当然ですが水を飲みたくなります。 こうすると、推奨されている1日に飲む水の量2リットルを飲むのが苦でなくなります。それが毒素を捕ら...
Get Ready. Change Is Upon Us 畑とPeak Prosperityの話。畑をするにあたりベースラインとして読んでいた本はProsper!!でした。この著者の一人であるクリス・マーテンソン博士はPeakProsperity.comというサイトを運営しています。11月11日付、ドナルド・トラ...
フィリピンにいる長期滞在の方へ 90年代にセブでダイビングのインストラクターとして働いていました。2001年になって、家族の事情で日本に帰りましたが、それ以降も時折教えたり、最近では趣味としてダイビングを続けてきました。わたしの人生で良かったことはダイビングを続けてきたことでした。 ...
サイキックアタックについて考えてみる... 生理的に思い当たる理由もなく具合が悪くなるときがあって、これまでサイキックアタックだと思ってきました。別の言葉では、人が送ってくる念を受けるとも言います。 頭が痛くなるとか、疲労感とか、お風呂に入ったり、服を着替えたりすると楽になる場合があ...
ベネシュの機能靴 韓国に「ベネシュ」という機能靴メーカーがあります。わたしが初めてこの靴を履いた頃は、東京である銀行の取締役秘書をしていました。いつもスーツ姿で出勤しましたが役員フロアでもベネシュの機能靴を履いていたのです。スーツとはミスマッチのデザインです。 わたし...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up