ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝赤ちゃん〟

布良(ふら)

スマイリングベイビーの活動をしている写真家堀口マモルさんが最近、お父さんになられました。

外部リンク:http://www.smilingbaby.jp/

わたしは子供がありません。生涯を通じてどれだけ素晴らしい体験なのか、想像するのみです。三焦経が活性化しそうだと思います(キネシオロジーをしている人にしかわからないネタですみません)。大切にしようと思うのだろうと想像します。

お祝いには親子で癒されてもらえるものをと思い、ふらのお試しセットを注文しました。

外部リンク:http://fula.buyshop.jp/items/2421044

触ると気持ちよくて、温かく、お風呂で使うと体が清潔に保てるけれども、ボディシャンプーを使わなくてよくて、そういうものを使った時のかゆみやカサカサも起きないのがふらのタオルの良さです。

生産過程で綿にストレスがかかるような、科学的な薬品、機械を使った扱いを避けるので、中性子と陽子がきちんと合わさっていて、ずれていない。そういうものを体につけていると、宇宙から降ってくる月と太陽の波動が体にうまく取り入れられる…等々、「科学的な説明もついてくる不思議」な気持ちよさです。

最近、情報が色々増えてきましたので、ふらのように、細胞再生を助けてくれるものはセラミックやらなにやらたくさんあるのだということがだんだんわかってきました。こういうものを発見して商品化して使って人に勧める人間がいるわけですよ。人間とはすばらしい可能性を秘めた生き物ですね。

それを買って使う判断は自分。

結構いい値段だねという人に何人も出会ってきましたし、自分もそういう一人でした。

ここで質問を変えてみましょう。自分を大事にしてくれない人と付き合いたいですか?付き合いたくないですね。そういう自分は自分を大切にしていますか?Yesなら、見かけの出費より深いところが考えられますね。そこがスタート。

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > 布良(ふら) > 赤ちゃん

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up