ホリスティック生活:考え方、生活習慣、環境への配慮

〝日本の女性は強いのか?〟

タロットカードの話

Three of Fire

Abundance! Things look very god; have patience at this time. Make long-term plans.

豊かさ!見込みはとてもいいので、今は待ちましょう。長期計画を立てましょう。

かれこれ3か月前のことですが、NASAが女性宇宙飛行士のみの宇宙歩行をキャンセルし、その理由として合うサイズが足りないことを述べました。

https://www.bbc.com/news/blogs-trending-47717937

わたしはそういうこともあるだろうと思ってほぼスルーしていましたが、Facebook上で友達が、「信じられない!」とコメントをして、この記事をシェアしていました。

え?わたしって、なぜ腹を立てないの?

自分で自分のことがわからないというのは、他人にも、自分にもありますね。

わたしは若いころ、フィリピンで仕事をしていました。フィリピンは世界の中でも早くから女性の大統領を輩出する国です。ですから、働く女性にやさしい国で、女性に命令されることに男女とも抵抗が少ない国です。

確かに、最初の移住の後で日本に帰ってきてから、日本の女性が「女性」という分類わけに甘んじている様子に驚きました。仕事をしているのに、担当者として名前が表に出なくていい。会議等で話をするときは、「わたしなんかじゃなくて、男の人に出てもらう」と言う。その一方で、コピーお茶汲みは嫌だという人もいました。

2回目の移住の後、気持ちは若かったんですが、だんだん人生のオプションが減ってきます。仕事もそうでした。仕事は生活の糧を得る方法なので、干されるような経験をすると、今まで嫌だったことにも慣らされちゃうんですね。あ~、あの頃はね~。

でもね、今日のタロットによると、いいみたいですよ。

今までやってきたことは、実りにつながったのです。今までやってきたことが、いやなことの積み重ねではなく、自分を自由にするための土台作りだったと認識を変えてみてください。自分の苦労や、障害が、この先の女性の自由につながるために、社会の誰かを、何かを変えることにつながっていたと考えたら、自分の今後の見通しも変わりませんか?

いつも自分を肯定して自分のやりたいことを思い切りやって、周りの人も地球もしあわせにする人生を送りましょう!
ホーム > タロットカードの話 > 日本の女性は強いのか?
We all have to give and take ふらの話。ふらは、NGOになっています。モットーは「一枚の布から良質な暮らし」。 元もとは伝統工芸として細々と職人さんが、このタオル類を売っていたものらしいのですが。病気を治したり、せっけんを使わなくてもカラダを清潔に保ってくれたりする「特別な資質」...
Tomato プランターでトマトが二株すくすくと育っています。緑の実が付いて赤くなるを待っています。 ...
Cotton Reaping 今年初挑戦の綿が、ほとんど爆ぜなかったのでした。 収穫時期だというのに、畑の様子は1~2週間前から変わらず、花が咲き、葉っぱが広がり、綿の実が枝についています。気温は下がっているのに、理解できない状態が目前に広がっています。ipadを取り出してgoo...
Green pappers ピーマンの苗を山の畑に植え替えましたが、ひとつしか実が付かなくて寂しい想いをしていました。昨日の畑では、そのピーマンがいくつか花を付けているのが見えました。ちゃんと根が付いたらしく「あ~馴染んで良かったな」と思いました。 ...
ホリスティックについて 人間の生を「いのちの営み」として、ありのまま全体を見つめ、限界や欠如も含めて尊重する姿勢のことを指して「ホリスティック」といいます。 わたしができる施術は、あなたの日常のくせに気づきをもたらします。つまり、身体と心の痛みをコントロールして、自己免疫力...
Ecosystem わたしは子供の頃、川崎の京浜工業地帯のど真ん中で育ちました。昆虫はデパートで買うものでした。 今、山の畑で色々な虫に会います。「これが生態系だ!」と感動します。 ...
Resilience いつも元気 Prosper!!畑の話。クリス・マーテンセン博士とアダム・タガートさん共著のProsper!!では、急激な変化が起きたときにモノの価格が急激に上がることを話していました。2011年福島原発が水蒸気爆発した時、対岸のカルフォルニアで被曝を案じた人たちが、ア...

ブログをカテゴリーで読む

© 2019 Tengudo

Scroll Up